恵比寿のパーソナルトレーニングジムで修業している大道です!

 

ゼロカーボを始めて体重が1キロ落ちました(*^^*)

ようやく体内の水とカーボが抜けきった感覚があります。

 

今日はダイエット・減量中に甘いものが食べたくなったときに使える甘味料を紹介します!

f:id:mdydo23:20160824201507p:plain

 

そもそも、なぜ砂糖を避けた方がいいの?

ダイエット・減量中は砂糖や果物を避けたほうが良いとよく言われます。この理由には砂糖に含まれる果糖が血糖値を上げやすく、多量に摂取すると中性脂肪が蓄積されやすくなるなどがあります。また、砂糖は100gあたり約380kcalのエネルギーがあり、カロリー制限を行っている減量期にはあまり摂取したくないという理由もあります。

 

↓ 身体作りに適した糖はこちらの記事にまとめています。↓

だからといって、ダイエット・減量を行う数か月間ずっと甘いものを我慢するのは精神的にかなり辛いです(´・ω・`)

そこで、低カロリーでスイーツ欲を満たすための甘味料を紹介します!

 

甘さがあるのに低カロリー!オススメの甘味料はこれ!

①ステビア

南米原産の植物であるステビアから抽出された甘味料です。ステビアは砂糖の2倍甘いと言われていますが、単体では雑味や苦みが感じられるそうです。下のステビアスイートはエリスリトールにステビアを加えることで甘みだけを強く感じられるように調製されています。

 

②エリスリトール

グルコース(ブドウ糖)を発酵させて作った糖アルコールで、砂糖よりやや甘みが弱い甘味料です。甘味料の多くは多量に摂取するとお腹がゆるくなるのですが(キシリトールガムにも書かれていますよね)、エリスリトールはこの作用が弱いことが知られています。

↑エリスリトール100%の商品です。

 

③アスパルテーム

アスパラギン酸とフェニルアラニンという2種類のアミノ酸から作られる甘味料で、「L-フェニルアラニン化合物が含まれている」と書かれている食品に含まれています。甘さはなんと砂糖の200倍!少ない量でも十分な甘さを感じられます。

↑アスパルテームといえば味の素のパルスイートが有名ですね。

 

④ラカンカ(羅漢果)

ウリ科の植物である羅漢果から抽出された成分で、カロリーゼロの甘味料のベストセラーです。私は最近これに助けられています(笑)

↑低血糖症になった友人も愛用していました。

まとめ

過去には甘味料として利用されていたものが実は発がん性物質だったという例があり、甘味料を調べてみるとその危険性についての情報がたくさん出てきます。

今回紹介された甘味料は大丈夫か?と思われるかもしれませんが、これらは食品として利用しても問題がないと認められているものですし、どんな食品や物質もメリットと(主に過剰摂取による)デメリットがあります。「○○は危険だ!」と一面的に捉えるのではなく「一日にこれだけ摂取すれば自分にとってメリットがある」と考えたほうが身の回りの食品を活用しやすくなると思います。

私は低カロリーで甘いものを食べたいので、これからも利用していくつもりです(*^^*)